賃貸で無職の方が入居したいときに、親を連帯保証人にすれば借りられるようになっていることがわかる

賃貸で連帯保証人は親にすると有利
賃貸で連帯保証人は親にすると有利

賃貸で連帯保証人は親にすると有利

大家さんや管理会社が入居希望者の何を知りたいのかというと職業と収入で、どのぐらいの収入があるのか必ず家賃を支払ってくれるかということを最重要視しています。そして無職だとかなり賃貸契約で敬遠されて、フリーターも敬遠されがちです。そこで無職の方やフリーターのときには定職についた親族を連帯保証人にしてください。そして入居希望者が未成年であれば契約者を親にしてみれば大抵は問題なく借りられます。ですが、連帯保証人に収入がないときはそれも困難で、その時は無職でもいいと言った物件もまれにありますから、それを探していくしかないでしょう。そして基本的に結婚をしていない男女が一緒に住むことはよく思われず、単純に同性したいといったことならば大家さんに断られると思っていたほうが懸命です。

ですが、結婚が決まっているときは一方の親を保証人としてたてればいいといったケースもあります。そしてルームシェアのように同居をするときは契約者はどちらかが代表でもう一人が同居人でもいいですが、連帯保証人はそれぞれに立てていくことになります。いずれにしても契約をしたときは一人だったのに、うそをつき同棲していたといったことはいけないです。お部屋を借りていくときに正直に話して不動産会社の担当者に相談してみましょう。
Copyright (C)2015賃貸で連帯保証人は親にすると有利.All rights reserved.